それではさっそく答え合わせです。甲子園駅の駅名標は「阪神電車」も「甲子園駅」も文字の太さ(ウェイト)がMであったのに対し西九条駅は「阪神電車」がロゴGのM、「西九条駅」がロゴGのLとウェイトが異なっています。

これは「えきもじの見索」東急電鉄編と同様に、同じデザインなのに文字のウェイトが違うという、もじ鉄にとっては「待ってた。これを待っていたんだ。」と思わず興奮せざるを得ない発見です。このような差異を見つけて行くのって楽しいですよね。それとも筆者だけでしょうか。しかし、どうもこの写真なんだか暗いです。もっと明るい位置にある駅名標を探して撮り直しましょう。写真にもこだわるのが「もじ急行」ということで別の入口へと移動してみます。

なんということでしょう。今度はウェイトだけでなく書体そのものが違います。「西九条駅」はロゴGのままですが、「阪神電車」がロゴGではなく新ゴに変わっています。前のページで「サインシステム界では新ゴが一大勢力になっている」との旨を書きましたが、ロゴG天下の阪神電車にも新ゴの波がジワジワと。しかもすべての文字が一気に新ゴへと変わるのではなく、気づかなそうなところからジワジワと。したたかです。新ゴさん、したたかすぎます。これはもうフォント警察に通報ですね。両手を上向きに回転させ、ウーウーと叫びながらやってきますよ、柳沢慎吾さんが。新ゴだけに。新ゴだけに。

と、冗談はさておき、なぜロゴGではなく新ゴなのか、なぜ同じロゴGでも駅によってウェイトが違うのか。もちろん「中の人」以外には知る由もありませんが、これは西九条駅のだけの特別な仕様であるのか否かを調べるべく、なんば線に乗って別の駅も見索してみることにします。

まずはめでたい名前の福駅です。筐体のサイズの関係で全体的に平体がかっていますが、こちらも西九条駅と同じく新ゴとロゴGの組み合わせです。では甲子園駅で見られたような「どちらもロゴGスタイル」と、西九条駅や福駅の「新ゴとロゴGの組み合わせスタイル」、どちらがより正式で最新のスタイルなのでしょう。

駅名標の設置時期的に考えると、甲子園駅の「どちらもロゴGスタイル」が新しいため、「新ゴとロゴGの組み合わせスタイル」はサインシステムが旧デザインから新デザインへと切り替わる初期に設置された、デザインの試験的要素も含まれたものであると考えていいのでしょう。しかし、現在(2016年9月)高架化工事中の鳴尾駅新駅舎などは古いはずの「新ゴとロゴGの組み合わせスタイル」になっています。さぁ、さっそく結末が見えなくなってまいりました。とはいえ分からないものは分かりません。組み合わせは違えど使われている書体は同じということで、ここは少し話を置いたまま放置プレイとしまして、サインシステムが新デザインに移行するきっかけともなった、なんば線九条駅〜桜川駅間の地下区間に存在する「新ゴとロゴGの組み合わせスタイル」の駅名標も見てみましょう。

このようになんば線地下区間の駅名標は特別仕様となっており、文字がシルバーの立体的な造形になっています。お金がかかっていますね。ひとつの駅名標を通じてなんば線開業における阪神電車の気合いの入れようが伝わってきます。

と、ここまでの見索から、阪神電車の駅入口の駅名標には大きく分けて「ロゴGのM+ロゴGのM」と「ロゴGのM+ロゴGのL」、そして「新ゴのM+ロゴGのL」の3種類が存在することが分かりました。が、実は先述の福駅を取材した際に、こんなものも見つけてしまったのです。

「阪神電車」も「福駅」もどちらもロゴGという甲子園駅と同じ構成ですが、今度はウェイトがどちらもロゴGのLになっています。そして英字表記にもご注目ください。これまでの「HANSHIN RAILWAY」という大文字表記ではなく「Hanshin Railway」と大文字と小文字の混合表記です。おまけにウェイトもVerdana BoldではなくRegularで統一されていますね。これは沼の予感です。しかし、この駅名標は駅舎ではなく隣接の駐輪場に設置されたもの。駅舎以外の駅名標にまで手を出し始めたらキリがありません。そして東京在住の筆者にとって時間的な余裕もありません。もっと細かいことを言えば、いくつかの駅名標で英字表記の文字と文字の間隔、いわゆる字間も微妙に異なっていて、この件についても取り上げるべきか迷ったのですが、細かいところにいちいちうるさい重箱の隅オジサンになってしまうので今回は省略させていただきます。

そんな、いちいちうるさいオジサンは静かな環境に囲まれた素敵ダンディに自分自身を変えるべく、日本有数の高級住宅地、芦屋で身を清めることにしましょう。しかし、そこでもうるさいオジサンという生まれながらの性格は変えられなかったのです。そう、自分自身はそんなに簡単に変わるはずなどないのですね。自分探しの旅という名の「本当のボクはこんなんじゃない」という現実逃避に目を伏せながら、遠く離れた地へ皆既日食を見に行くような奴ほど信用なりません。そんな奴はどうせ学校だってロクに通わず逃げていたのでしょう。筆者のことです、笑ってください。

考察内容はすべて「もじ急行」の見解に基づくものであり、実際と異なる場合がございます。

記載されている情報はすべて取材当時のものであり、現状と異なる場合がございます。関係各社局へのお問い合わせはご遠慮ください。