さて、駅入口、ホーム用含め、もうそろそろ駅名標の話はお腹がいっぱいになってくるころではありますが、最後にどうしても気になるなんば線地下区間の駅名標の謎をご紹介させてください。

なんの変哲もない、なんば線桜川駅と九条駅の駅名標です。ロゴG、新ゴ、Verdana、そして仮名表記など特段これまでと変わりはなく、注目すべき点も前のページでご説明した通りです。しかし、文字の差異を見つけることにいたっては並々ならぬ執念を注いでいる「えきもじの見索」のことですから、ドーム前駅がないことに、なにやら「予感」が見え隠れ。それではさっそくドーム前駅の駅名標を見てみましょう。

なぜ、いったいなぜなのでしょう。なんば線延伸開業区間の駅名標は仕様がすべて統一されている「安全地帯」かと思いきや、桜川駅、九条駅をはじめとする多くの駅で日本語表記が正体であるにも関わらず、ドーム前駅だけは平体になっているのです。と、同様に駅番号も正円ではなく楕円に。なぜ、なぜ...。

文字は気まぐれ。あなたを惑わせるだけ。

あまりに安易な歌詞の引用の多さに、「こんにちは、JASRACです。」の恐怖と戦いつつ、それでもやめられない懐メロ好きではございますが、なぜ、なぜ、ドーム前駅のみ平体がかかっているのでしょう。もちろん理由は不明です。どなたか分かる方がいらっしゃいましたらご連絡をお待ちしております。それでは最後の最後に、高速神戸駅に残る古い駅名標をご紹介して、番線標をはじめとするさまざまな案内標の見索へ移りたいと思います。

阪神電車というよりも正確には神戸高速鉄道の柱巻き駅名標ですが、「こうそくこうべ」の字もさることながら「メトロこうべ」のイタリックな書体が素敵ですね。懐メロにぴったりなデザインです。もし将来的に撤去されることになりましたら、「もじ急行」までご一報ください。ぜひとも家宝にしたい一品です。

考察内容はすべて「もじ急行」の見解に基づくものであり、実際と異なる場合がございます。

記載されている情報はすべて取材当時のものであり、現状と異なる場合がございます。関係各社局へのお問い合わせはご遠慮ください。