些細なことでもしっかりと

お待たせいたしました。ここからは「えきもじの見索」のメインテーマでもあるホーム用の駅名標について、いくつかご紹介させていただきます。まずは枚方市駅の本線ホームにある標準的な駅名標です。

駅入口の駅名標と同じく日本語書体は新ゴ、英字書体はFrutigerです。京阪電車のサインシステムは基本的にこの組み合わせて統一されています。「えきもじの見索」東急電鉄編でよく見られたような書体自体の差異はないのですが、特筆すべき点は次駅と前駅を表す白いライン上の矢印。実は特定の駅、ホームによって表記方法が異なるのです。それでは同じく枚方市駅の交野線ホームにある駅名標を見てみましょう。

違い、分かりましたか。白いライン上の矢印が本線ホームは左側(進行方向側)に向いているのに対し、交野線ホームは両側に開いています。これは枚方市駅の交野線ホームからは交野線私市方面へ向かう列車と、逆方向である本線淀屋橋方面へ向かう列車の両方が出発するためです。つまり上りと下りのどちらにも対応した表記方法ですね。ほかにも宮之阪方には「交野線」、枚方公園方には「京阪本線」とそれぞれの路線名が表記されています。つづいては交野線に乗って終点の私市駅まで行ってみましょう。

私市? しいち? しし? なんて読むの?

こちらは終点駅のため河内森方の一方向にのみ次駅表記と矢印があり、反対側は矢印がありません。これは京阪電車だけでなく多くの鉄道会社の終点駅で見られる駅名標と同様の処理ですね。つまりここまでの話をまとめると、中間駅は進行方向側へ矢印が向いているのに対し終点駅は片側のみ。そして上下線が発着するホームでは両側に開いた矢印の計3パターンが確認できました。と、ここまではいたって普通のサインデザインですが、さすがは仕事が丁寧な京阪電車。中書島駅の宇治線ホームには交野線私市駅の「終点駅用」サインとは別に「終着駅用」のサインが存在するのです。

白いラインの右側にご注目ください。なにやら縦に切れ込みがありますね。交野線私市駅と同じ末端の駅であるにも関わらず別のパターンが存在することに「沼」の予感を感じますがご心配なく。これにはしっかりとした理由があるのです。

 

交野線私市駅は「線路の終わり」である「終点」ですが、宇治線中書島駅は「列車の終わり」である「終着」です。つまり、交野線私市駅や鴨東線出町柳駅など「これ以上は線路がないよ」という駅が「終点」。宇治線中書島駅の「線路はこの先も繋がっているけれど列車はここまでだよ」という駅が「終着」です。鉄道好きでなければなかなか理解されにくい「終点」と「終着」の違いですが、京阪電車はそれを駅名標のデザインに取り入れるという芸の細かさなのです。素敵ですね。

 

普段生活している分には「終点」と「終着」の違いなど考える必要もなく、どちらでもいいのですが、気になる人は一定数存在しているようです。なんでも筆者が高校時代、東京都内のとある赤い私鉄で駅員のアルバイトをしていたときの話。駅のワイヤレスマイクで「品川から先は終点押上まで各駅に停まります」と放送をしたところ「押上は終点じゃない。線路はこの先も京成線へとつづくから終着だ!」と注意を受けたことがあります。細かい指摘ながらも当時は目からウロコでした。終点と終着は別物なんだと...。

 

さてさて、ここまで吊り下げ型の駅名標をご紹介してきましたが、次のページでは建植型と副名称付きの駅名標、そして中之島線で見られるちょっと変わった特別仕様の駅名標などを見て行きます。

次のページへ

文・写真 _ 石川祐基 | 公開日 _ 2016.07.29

いい電の、

いい文字。

えきもじの見索

京成電鉄編

えきもじの見索

京急電鉄編

擬もじ化フォント

GINZA_01

えきもじの見索

東急電鉄編

考察内容はもじ急行の見解に基づくものであり、実際と異なる場合がございます。また記載されている情報は特記事項を除き取材当時のものであり、現状と異なる場合がございます。