こんな男とは付き合いたくない?

駅名標の次は番線標です。基本的にのりば番号のみを表記したシンプルなデザインですが、濃紺と同系色のストライプに京阪ロゴ(CI)の組み合わせはここでも健在です。

ちなみに階段上や乗換駅、地下駅などの一部では方面表記が追加されていますので、枚方市駅の交野線ホームを例に方面表記が記されたタイプの番線標も見てみましょう。

乗換駅ということもあってか方面表記だけでなく路線名や注釈も記され、相変わらずの細かさは健在です。そんな細かさは、なにもこれだけではありません。普段は気にもしないようなところに、実は「配置」に関するデザイン的な処理が施されているのです。まずは寝屋川市駅を例に相対式ホームの場合の番線標をご覧ください。

こちらは枚方市駅交野線ホームの番線標と同じく、特に留意点も見当たらないデザインですが、のりば番号が記された左側(線路寄り)に合わせて方面表記も左揃えになっています。次は淀駅を例に島式ホームの場合です。

島式のホーム中央に設置された階段上の番線標ですが、両側に番号が記されているため全体的なバランスを考慮してか方面表記が中央揃えになっています。それではこのまま出口案内標へとまいりましょう。

こちらは矢印のある左側に合わせて出口表記も左揃えです。この流れ、なんとなく分かりましたか。つまり、のりば番号や矢印などのアイコン的要素の配置場所に合わせて、文字の揃え方が異なるのです。ということは...。

矢印のない、アイコン的要素が存在しないサインは文字が中央揃えなのです。要は仕様を統一しながらも全体的なバランスに重点を置くことで、文字の配置を使い分けているのですね。なんという芸の細かさでしょう。紙媒体などのグラフィックデザイン的にはごくごく当たり前のことではあるのですが、サインデザインでここまで練られているのはあまり見かけないように思います。

 

もし京阪電車のサインシステムを擬人化するとしたら、ずいぶんと厄介な性格になりそうです。もちろん良い意味で。男女の同棲後に服のたたみ方に関する双方の意見の違いはよく耳にしますが、家具の配置が少しズレただけでも気になったり、フローリングの繋ぎ目に合わせてソファの位置を考えたりする細かい奴とは絶対に付き合いたくない人が大半でしょう。そうです、フローリングの繋ぎ目、マス目に沿って家のすべてを考え、繋ぎ目のないまっさらなじゅうたんの家では、どこにどう家具を配置したらいいのか分からず絶対に暮らせない筆者の性格のことです。京阪電車のサインシステムが好きな理由は、そんな自分を見ているような気がするからでしょうか。良く言いすぎな気もしますが。

 

と、せっかく出口案内標の紹介をしたので、より詳細な情報が併記されたスタイルのサインも見てみましょう。

京阪電車のサインシステムの「潔癖感」は最高。

先にあげた2つの出口案内標はホームに対して垂直に(正面が改札口に向くように)設置されているタイプですが、こちらはホームに対して平行に設置されているサインです。大きく分けると東出口と西出口の2段組みになっていますが、ストライプも表示枠全体に敷かれているのではなく、それぞれの文字に合わせて2段組みですね。また文字情報は必要最低限に、アイコンを多用した直感的に理解できるデザインが美しいです。「アイコンだけでは分からないかも知れないので念のため文字情報も入れておいてください」と普段の仕事であれば言われそうな気もしますが、余計な情報をできるだけそぎ落とした潔いデザインを採用する京阪電車の「デザインは引き算」というクリエイティブ的な理解力と懐の大きさに惚れてまうやろ〜。です。

次のページへ

文・写真 _ 石川祐基 | 公開日 _ 2016.07.29

いい電の、

いい文字。

えきもじの見索

京成電鉄編

えきもじの見索

京急電鉄編

擬もじ化フォント

GINZA_01

えきもじの見索

東急電鉄編

考察内容はもじ急行の見解に基づくものであり、実際と異なる場合がございます。また記載されている情報は特記事項を除き取材当時のものであり、現状と異なる場合がございます。