古いようで新しい

さて、これまで新デザインの駅名標についてじっくりと見索をしてまいりましたが、つづいては「新」と「旧」の中間に位置する「全体的な構成は旧デザイン」なのに「書体は新デザイン」な成田空港内の2駅をご紹介します。

基本的には旧デザインのスタイルですが書体がイワタUDゴシックとDINですね。また「空港第2ビル」や「成田第1ターミナル」「成田第2・第3ターミナル」といった和文内の数字も従属欧文ではなくDINで表記されています。こういう細かい心配りが素敵ですよね。なんの心配りなのかは置いといて...。

 

また改札は違うものの、同一ホーム上から京成本線、成田スカイアクセス線と運賃体系の異なる2路線が発着するため、京成本線側のホーム上にある駅名標には左上に「京成本線」と路線名が追記されています。

成田スカイアクセス線側の駅名標も基本的なスタイルは京成本線側と同一ながらラインカラーがオレンジとなっており、右上の路線名も「成田スカイアクセス線」と斜体で表記されています。なお、京成本線側の駅名標は駅名表記もラインカラーと同じくブルーで記されていましたが、こちらはラインカラーのオレンジではなく黒。おそらく視認性の問題かと思われます。となると京成本線側も駅名表記を黒で統一したくなってしまうのですが、なんでも統一統一で融通が利かないのは潔癖症な筆者の悪い癖です。

平面の中の立体感

番線標も駅名標と同じくイワタUDゴシックとDINの組み合わせ。そんなシンプルなデザインの中でも特に目を惹くのりば番号を円で囲むデザインは、四角で囲む、もしくは装飾のないデザインが多い関東私鉄の中で、阪急電車や阪神電車など「数字を円で囲んだ番線標」が多い関西私鉄感を味わうことのできる貴重なアイテム。関東ではみなとみらい線でも同様のデザインを見ることができますね。

そして京成線の番線標でどこよりも注目すべき点は「メインの方面表記」と「サブの方面表記」という組み合わせ。「上野・押上方面」に隣接して「船橋」「日暮里」などと途中主要駅が小さく記されています。これ、良いアイデアだと思いませんか。「上野・押上・船橋・日暮里方面」と同じ文字サイズで横並びに表記するのではなく知名度の高いターミナル駅のみを大きく記すことで、パッと見たときに都心方面なのか成田方面なのか、どちらへ向かうのかがスッと入ってきます。駅のサインというのは立ち止まってじっくり見るために作られたものではなく、慌ただしい喧騒の中で重要な内容を一瞬で理解させるためのデザインでなくてはなりません。まず「上野・押上方面」のホームなのか、それとも「成田空港方面」のホームなのかを示し、そのあとで「実は船橋や日暮里にも行きますよ」という2段階の構成。看板という平面のデザインでありながらコンセプトは立体的です。

 

さらに英字表記はグレー。これも日本語表記を引き立たせる重要な役割を担っています。それでは、もし英字表記が黒字だった場合と見比べてみましょう。

微妙な違いではありますが、すべてを黒字で表記してしまうと多少のゴッチャリ感が出てきてしまいます。比べてグレー字を併用すると全体的にメリハリが出て可読性が良いですね。「考えられたデザイン」「良いデザイン」というのは、ほんの些細なことから始まります。筆者もデザイナーの端くれとして京成線のサインから学ぶべきことは多いです。

 

まぁ、とやかく言っておりますが、サインシステムを制作されたデザイナーさんの意図していることと違っていたらごめんなさい。あくまでも個人的な感想文です。ちなみに小学校時代の読書感想文や夏休みの宿題は「やらなくても別に死にやしない」という理由で提出しなかった不届き者です。

 

あ、メインの方面表記で「上野・押上方面」と記されていながら、サブの方面表記における「上野」「押上」は必要なのか、という疑問はそっとしまっておきましょう。

運動会は練習時に遅く走って本番で本気を出せば1位になれるって知ってた?

なお、筐体のサイズによってはこのような配置のデザインもあります。メインの方面表記を上段、サブの方面表記を下段と分け、その間にラインを挿入することでノッペリとしたデザインにならぬよう調整されていますね。

そして本線上野〜青砥間、押上線曳舟〜立石間の下り列車側、成田スカイアクセス線(北総線経由列車)走行区間では方面表記よりも路線名に重点を置いた番線標が設置されています。「駅名よりも路線名」なデザインは珍しいのではないでしょうか。

最後に旧デザインの番線標です。いたってオーソドックスなデザインで方面表記も同じ文字サイズで横一列に並べられています。新デザインの番線標と見比べてみると、どちらが「一瞬の視認性」が良いか一目瞭然ですね。

次のページへ

文・写真 _ 石川祐基 | 公開日 _ 2017.03.30

いい電の、

いい文字。

えきもじの見索

京成電鉄編

えきもじの見索

京急電鉄編

擬もじ化フォント

GINZA_01

えきもじの見索

東急電鉄編

考察内容はもじ急行の見解に基づくものであり、実際と異なる場合がございます。また記載されている情報は特記事項を除き取材当時のものであり、現状と異なる場合がございます。