試行錯誤のあと

はじめての街、はじめての路線。駅に着いたはいいけれど、どの電車に乗ればいいのだろう。誰もがそんな経験をしたことがあると思います。「いや、そんなことはない。日本全国の鉄道路線網が頭の中に入っているから、どの電車に乗ればいいかを迷うだなんて大瀧詠一の歌声並みに甘い!」なんて方もいらっしゃると思いますが「全員が全員、鉄道に詳しいわけではないのだよ!」と唇をつんと尖らせた表情のみなさんに、ここはいったい何番線でどこへ向かう電車がやってくるのか、それが分かる案内板「番線標」について「天然色」の写真とともに考察へとまいりましょう。

 

と、筆者の音楽の趣味が垣間見えたところで、まずは目黒線元住吉駅の番線標を例に使われている書体の見索です。

日本語書体は新ゴ、英字書体はHelvetica、駅番号はMyriadと、基本的に駅名標のデザインを踏襲したものとなっていますが、ここで新たな書体のFuturaが登場します。このFuturaという書体、どこかで聞いたことがありますね。前のページでご紹介した中目黒駅や渋谷駅など、東京メトロとの接続駅・境界駅の駅名標に記された東京メトロ仕様の駅番号で使われている書体です。副都心線の「F」や日比谷線の「H」など、都民なら誰もが一度は目にしているあの書体がFuturaですね。そのFuturaが東急の番線標でも使われているのですが、東京メトロのウェイトがBoldであるのに対し、東急のウェイトはMedium。では、どのていどの差があるのか、副都心線の路線記号を例に比べてみましょう。

世界一Futuraの使い方がうまいのはウェス・アンダーソン説。

東急の番線表記で使われているMediumは、Boldに比べてだいぶ細いことが分かります。文字というものはウェイトの違いだけでもかなり印象が変わってくるのでおもしろいですね。ところで目黒線元住吉駅下りホームの番線標は次駅が終着駅ということもあり、方面表記が「日吉」の一駅のみとなっていますが、駅数が増えた場合はどうなるのでしょう。計4方面が記された多摩川駅を例に東横線上りホームの番線標を見てみます。

駅数が増えた分、2段組みとすることでスペースを有効活用していますが、特筆すべき点は英字表記。横幅をギュッと縮めることで表示枠内に収まっています。このように横幅を縮めた変形文字のことを「長体」と呼びます。縦に長く見えるから「長体」ということでしょうか。詳しくは詳しい人に聞いてみてください。こちらの番線標の場合は英字を85%の長体とすることで表示枠内に収まりました。このようになんてことのない番線標にも工夫が見えますね。そして東急にはもうひとつ、筐体が横に長い番線標も存在します。

こちらもおなじく東横線上りホームの番線標ですが、筐体が横に長い分、先にあげた番線標では2段組みであった駅名が一列となり、英字表記も長体をかけることなく通常の造形で表記されています。また「東横線」「副都心線」などと書かれた路線名が駅名の左端から上部へと移動したことにより、路線名と駅名との間に白いラインが追加されていますね。ではなぜ白いラインが必要なのでしょうか。「もしもシリーズ」第2弾です。「もしも路線名と駅名との間に白いラインが引かれていなかったら」どうなるのでしょう。

さて、みなさんはどのように感じましたか。そんなに変わりはありませんか。ただ、白いラインを挿入することによって、「東横線の渋谷」「副都心線の池袋」とお互いが関連付けられているようにも見えるほか、文字ばかりでゴチャッとした番線標のちょっとしたアクセントにもなっていますね。ここからは個人の好みの問題にもなってきますが「白いラインを引く」という一手間を加えるだけで、文字の見やすさ、読みやすさは増しているようにも思います。いわゆるユニバーサルデザインと呼ばれるものでしょうか。このように鉄道をはじめとする公共サインは、書体の選定を含め、デザインの細かなところにいたるまであらゆる検証を繰り返し、試行錯誤を重ねた上で普段見ている「いつものサイン」として世に出てくるのです。本当に頭が下がります。

 

それでは次にと行きたいところですが、ここで終わると思ったら大間違い。実は番線標も駅名標と同じく、あらゆるバリエーションにあふれていたのです。

次のページへ

文・写真 _ 石川祐基 | 公開日 _ 2016.05.25

いい電の、

いい文字。

えきもじの見索

京成電鉄編

えきもじの見索

京急電鉄編

擬もじ化フォント

GINZA_01

えきもじの見索

東急電鉄編

考察内容はもじ急行の見解に基づくものであり、実際と異なる場合がございます。また記載されている情報は特記事項を除き取材当時のものであり、現状と異なる場合がございます。