気になる書体を調べるZ!

2017年4月8日、9日に開催されるアイドルグループ「ももいろクローバーZ」のコンサート「ももクロ 春の一大事2017 in 富士見市」に合わせ、会場最寄駅であるとともに富士見市のPR大使も務めるメンバーの有安杏果さんがかつて利用していた東武東上線ふじみ野駅が、4月5日から5月7日までの期間限定で「ももいろクローバーZ駅」に変身。同駅東口の駅名標がももクロ仕様として生まれ変わりました。

4月5日の駅名標変更当日には有安杏果さんご本人が一日駅長として登場。事前告知なしのサプライズであったが、駅前には多くのファンと通行人が詰めかけ「ももいろクローバー、ゼーット!」の掛け声が響いた。

思い返せばテレビ東京「ASAYAN」をきっかけにモー娘。を知り、ハロプロ、SKE、ももクロと安定のドルオタ街道を歩んできた筆者も今年で三十路。いいかげんアイドルという趣味からは退くであろうとの予想も裏腹に、いまだ追ってしまうこの現状に対して若干のとまどいと果てなき情熱を心の内に秘めつつ、ときに現場で発散しつつ、これからもなお生き甲斐のひとつとして歩んで行くのだろうと思うわけではありますが、鉄道とアイドルのコラボというドルオタ兼鉄オタには願ったり叶ったりなイベントに、今回「もじ急行」ではもじ鉄的な目線から「ももいろクローバーZ駅」を詳しく解剖して行こうと思います。

ちなみに2ndシングル「ピンキージョーンズ」からのモノノフです。

今回ももクロ仕様となった駅名標は、マティスえれがんとが用いられたロゴデザインがベースとなっているものの、本来のロゴにはない「駅」の字にはロマン雪という書体が使用されています。このロマン雪という名前、初めて聞いたという方もいらっしゃるかと思いますが、実は「水曜日のあの番組」のテロップでも使われている有名な書体なんです。

TBS「水曜日のダウンタウン」です。以前より存在していた書体ですが、この番組を通しSNSなどのさまざまな場面においてパロディ化され、知名度ならぬ「知形度」が一気に広まりました。きっと文字も喜んでいるはずです。

 

なお、ふじみ野駅改めももクロ駅の駅名標にはマティスえれがんとが用いられた「ももいろクローバーZ」のロゴデザインに合う漢字として「駅」の字にロマン雪が使用されていますが、イメージの似ている麗雅宋や浪漫明朝体といった書体に置き換えても違和感なく馴染むことができそうです。そんな浪漫明朝体が用いられた駅名標としては、くま川鉄道(熊本)の人吉温泉駅が挙げられますね。このようなタイプの書体が駅名標に使われている例はあまり多くはありません。見つけたらラッキーです。

ちなみに余談ですが筆者が提案したい「説」は「アイドル界隈の情報欲しさにフォローした吉田豪さんのTwitterを追っているうち、気づいたら推しのアイドルより吉田豪さんそのものに詳しくなっている人多い説」です。いるはずです。

 

さて、つづいては「ももいろクローバーZ駅」の表記ではなく、駅名標右端に記された「ふじみ野駅」の書体、そして英字表記についても確認しておきましょう。

次のページへ

文・写真 _ 石川祐基 | 公開日 _ 2017.04.07

いい電の、

いい文字。

えきもじの見索

京成電鉄編

えきもじの見索

京急電鉄編

擬もじ化フォント

GINZA_01

えきもじの見索

東急電鉄編

考察内容はもじ急行の見解に基づくものであり、実際と異なる場合がございます。また記載されている情報は特記事項を除き取材当時のものであり、現状と異なる場合がございます。

01 | 駅名標のお話

気になる書体を調べるZ!

02 | 駅名標のお話

細かいとこまで調べるZ!

03 | ロゴタイプのお話

アレとソレを入れ替えちゃうZ!