ここにしかないもの

福島と聞いてなにを思い浮かべますか。赤べこ、野馬追、喜多方ラーメン...。それだけではありません。今、福島のホットな話題は「いい電」です。いい電? イエ電ではなく? 違います、電話ではありません。「いい電車」です。というわけでもありませんが、いい電車ではあります。正解は福島交通飯坂線(いいざかせん)、通称いい電です。

 

福島駅から飯坂温泉駅までを結ぶ、わずか9.2kmの小さなローカル線。そのいい電が今変わろうとしています。東京の東急電鉄で活躍していた1000系電車が装いも新たに、オシャレに、かっこ良くなって福島へやってきました。そんないい電の新しい1000系電車に隠された秘密、思いを「知って」みませんか。

新しい1000系電車の車番(車両番号の数字)はなんとオリジナルフォント。世界でただひとつ、いい電でしか見ることができない、いい電1000系のために作られた文字なのです。もちろん見所は電車だけではありません、駅名標、案内標、そして接近灯も「いい文字」がいっぱい。ということで今回の「もじ急行」は特別企画「いい電の、いい文字。」と題して、いい電のあらゆる文字やデザインを見て、聞いて、楽しみます。

 

「描き鉄」として数々の列車にまつわるイラストを世に送り出し、ついにはいい電1000系というホンモノの電車までデザインされたデザイナーの小松大希さんと、福島交通の鉄道部長、三浦賢一さんをお迎えし、1000系電車に乗っていろいろなお話を伺いました。

 

「あの日」から時が止まったままではありません。一歩一歩確実に新たな「毎日」へと歩みつづける福島は今、一番楽しい時期かも知れません。フラッと福島へ出かけてみませんか。いい電に乗ってみませんか。あんな文字、こんな文字、素敵なデザインに素敵な人たち、きっとおもしろい出会いがあるはずです。

 

いま、福島が楽しい。

いい電の、いい文字。へ

文・写真 _ 石川祐基 | 公開日 _ 2017.04.22

いい電の、

いい文字。

えきもじの見索

京成電鉄編

えきもじの見索

京急電鉄編

擬もじ化フォント

GINZA_01

えきもじの見索

東急電鉄編

考察内容はもじ急行の見解に基づくものであり、実際と異なる場合がございます。また記載されている情報は特記事項を除き取材当時のものであり、現状と異なる場合がございます。